2010年02月21日

MAC10リポ&パワーチューン



スプリングなどを換えたパワーチューンをすると
どうしても、サイクルがだるくなる、コンパクトSMGを
収納可能ギリギリのリポで快適に作動させてみる!!



PDIのスコーピオン用バネとライラの6.03mm×168mmインナーバレルを20mmほどカットして
長さを調整した物を組み、調整して
最大初速0,20gで90m/sチョイ、最低85m/s





当然、ノーマルバッテリーだとダルダルに・・・・
そこで、リポの7.4V1800mAh20Cつないで見ると
超快調に!!作動!

800mAh位の小さいのでも問題無く快調に動きますが
どうせなら収納可能ギリギリを入れたい!

どのみち、加工が必要なので…!



中身をガッツリそぎ落としました!



配線もダイレクトにつなぎました。



こんな感じに収まるはずです!



みごと!収まりました!!



フロントのふたもガッツリ削り、みごと収まりました!!

しっかり計ってはいませんが、サイクルは16~7発位だと思います。
セミオートの切れは、抜群に良くなりました!!

とても面白い物が出来上がりました!!


ご質問などは掲示板、メール、コメント、TELにて受け付けます。

TEL 049-293-2442
携帯  080-1096-2376

掲示板は携帯電話からも確認、投稿出来ます。

掲示板http://www.trigger-talk.com/bbs/epad.cgi
メールsupport@trigger-talk.com
トリガートークURL http://www.trigger-talk.com/

  
  • LINEで送る


Posted by トリガートーク  at 20:48Comments(0)リポMAC10

2009年11月22日

MAC10リポ仕様加工




今回はMAC10にリチュウムポリマーバッテリーを入れます。
バッテリー容量は7.4V 850mAh
サイズはノーマルより小さいのに350mAh容量が多いい!!
しかも!フルサイズ電動ガンがガンガン動くパワーのバッテリー!!
これは、期待できます!!




外寸は55×30×15mm

ノーマルバッテリーと比べて
厚みは、いっしょ
長さは、40mm短い
幅が、3mmほど広い


3mm広い幅と四角い形のせいで、入りそうで入ら無い!!ので
さっそくバラシて加工です!
MAC10はばらすのが簡単です。



赤丸のリップを下げると、フロントロックピンが抜けます。



右からネジを外しピンを抜き、アッパーを前にスライドしてから上に外します。




赤丸のノーマルバッッテリーのガイドパーツが邪魔なので外します。
ネジで止まっているだけなので外すだけでほとんど加工は要らなそう!



外した部品はこれだけです。





外した赤丸のネジを使ってボルトハンドルを止めます。
ワッシャーは適当な物です。




この段階で、一回組んでバッテリーを入れたところ赤丸部分に
引っ掛かって入りずらいので、




先を斜めにカットしてみました。
これで、すんなり入る様になりました。

もとに戻すことが無ければ根元からカットでもいいと思います。




接続は電動グロックなどと同じように
アダプターを作って接続しました。
作り方は「グロック」の回を参照下さい。




余裕で収まりました!!

外装バッテリーで動かしてるみたいにシャキシャキ動くように
なりました!!
特にセミオートの切れが抜群です!!

これなら強いバネを入れたパワーチューンを
してもキビキビ動く鉄砲になりそう!!

MAC10は好きな銃なのでこれから
がさらに、楽しみ!!!

今度は、MP7にこのバッテリーを入れようと
思ってますが、MP7はだいぶ加工が必要そうです・・・・


トリガートークURL http://www.trigger-talk.com/

  
  • LINEで送る


Posted by トリガートーク  at 20:39Comments(0)リポMAC10